配偶者は不倫・浮気によって、精神的苦痛を受けた場合は相手に慰謝料を請求できます。
□不倫・浮気をした配偶者に慰謝料を請求できます。
但し、不倫・浮気が始まった時点で、夫婦関係が破綻している時は、慰謝料請求は認められません。
□不倫・浮気相手に対しても慰謝料の請求はできます。
但し、不倫・浮気相手が、配偶者が既婚者であることを知らなかった場合、そして知らなかったことに過失がなければ、慰謝料の請求はできません。
慰謝料を請求された側は、「セックスフレンドの期待値」ということを証明しなければなりませんが、夫婦が別居という事実がない場合は、証明が困難になります。

慰謝料の額は双方の話し合いで決めることができますが、決まらない場合は訴訟の場で決められます。
離婚に至った場合でも100万円から200万円の範囲に入るようです。
離婚に至らなかった場合には、当然この金額よりは減額されます。
配偶者と不倫・浮気相手は連帯責任に問われます。
配偶者に支払いの能力がない場合は、不倫・浮気相手に一括して請求することができます。
不倫・浮気に対する慰謝料請求については、当事者が不倫・浮気を認めない場合がありますから、後々の裁判を考えれば証拠が必要となります。

証拠収集は素人では無理な点が多く、探偵等のプロに依頼するのがいいでしょう。
不倫・浮気の証拠としては次のようなものがあります。
□ラブホテルから出てくる写真やビデオ。
□肉体関係があったことを臭わせる電子メールの存在。
□不倫・浮気をしたことを認める一筆。
□第三者の証言 などが挙げられます。
不倫・浮気の事実が判明すると、中には腹立ち紛れに職場や親族の家庭へ、不倫・浮気の暴露をしたりする人がいます。
こういうことは絶対にいけません。
不倫・浮気問題は配偶者同士・浮気相手だけの問題で、ほかの人には関係がありません。
こういうことをやってしまうと、反対に名誉毀損・脅迫行為で訴えられることがあります。

不倫・浮気慰謝料請求訴訟で不倫・浮気相手から次のような反論が予想されます。
□不倫・浮気の事実は存在しない。
そのため、探偵などを使って、事前に証拠収集をしておく必要があります。
□配偶者が既婚者であることを知らなかった。
配偶者が既婚者であることを告げてから、関係を持ったと証言している場合とか、メールの内容で既婚者であることを知り得た場合、不倫・浮気の相手が会社の同僚であることから、容易に不倫・浮気相手が既婚者であることを知りえる場合は、証言を覆すことは可能となります。
□不倫・浮気関係が開始された時点で、夫婦関係は既に破綻していた。
夫婦関係の破綻は、慰謝料を請求された側が立証する必要があり、別居している場合を除き非常に困難を伴います。
□慰謝料請求権は時効により消滅している。
これは不倫・浮気を知りえてから3年で時効が成立します。
配偶者が不倫・浮気を知りえてから3年以内であれば問題はありません。
□まだ離婚に至っていない。
まだ結婚生活は継続されていて、今後も離婚の計画はないというような場合は、慰謝料は減額されます。

ある探偵事務所のサイトを見てみると不倫浮気の兆候について書かれていました。
□「仕事が忙しい」と帰宅が遅くなった。
休日出勤が増えた。
□夫婦間の会話が減ってきた。
□帰宅するとすぐに風呂に入る。
□家の中では携帯の電源を切っている。
または携帯を隠している。
□携帯の受信・発信履歴が消滅している。
□目線を合わせなくなった。
□妻の名前を呼び間違えた。
□何となく浮気をしているようだ。
「こんな兆候に気付いたら探偵社へどうぞ」とあった。
「帰宅するとすぐに風呂に入る」とか「妻の名前を呼び間違えた」とか「目線を合わせなくなった」と聞くと、その後の修羅場を想像して冷や汗をかいている人もいるのではないでしょうか。

次は単身赴任の配偶者の不倫・浮気の見つけ方という項目。
□休暇があっても会おうとしない。
□会っても様子が落ち着かない。
□女の勘で「女がいる」ようだ。
これらの項目を眺めていると、「すねに傷持つ亭主」の悲哀が見えてきそうです。

不倫と浮気の区別について解説しているサイトもあります。
それによると浮気とは、本命の恋人と交際しながら、本命の恋人には無断でほかの異性と交際すること、とあります。
なんともうらやましいような解説ですが、本命をキープしながら、あっちこっちと食い散らかしている様子が伺えます。
「やっぱりもとの鞘に戻った、めでたしめでたし」とはいかないような気がするのですが。
不倫とは配偶者がいながら、配偶者以外の異性と恋愛し体の関係を持つこと、または配偶者のいない男女が配偶者のいる男女と恋愛関係にあること、とあります。
不倫の場合は結婚がキーワードになるようです。

不倫という定義付けは明確ですが、浮気はそんなに明確ではありません。
「キスはどうだ」とか「セックスしたら浮気」とかかまびすしいところがあります。
ホワイトハウス執務室で、元大統領との不適切な関係として話題になった、「実習生との愛の交換劇」、元大統領はM嬢の局部に葉巻を差し込んで、それを吸った。「いい味だ」と言ったとか言わなかったとか、葉巻ならばセックスではないのかどうか。当時議論が巻き起こりました。

「三年目の浮気ぐらい大目に見ろよ」という歌が流行りました。
誰でも「隣の芝生」は気になるものです。
「わき目も振らず一心不乱に妻だけを」というのも夏場でなくとも、暑苦しいものです。
不倫・浮気が発覚するまでは「推定無罪」なので、発覚しなければいいわけです。
万が一、発覚したら潔く認め、どこかの国にするように「謝罪と賠償」を負わなければなりません。